電話をかける

札幌白石区のインプラント治療ならにひら歯科医院

札幌白石区歯科

インプラントとは

implant

まるで天然の歯のような噛み心地・見た目

インプラントとは、歯の欠損部にチタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯冠を装着する治療法です。
この治療法により隣りの歯にダメージを与えることなく、天然歯と同様の見た目と噛む機能を得られます

インプラントののメリット

  • インプラントは入れ歯と違って、歯にしっかり固定されますので、硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。
    食事をおいしく食べることができ、食べる楽しみを取り戻すことができます。入れ歯のように、食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い思いをすることもありません。
  • 入れ歯の場合だと、金属のバネが目立つので見た目が気になることも多いのですが、インプラントは金属が見えないので気になりません。
    セラミック製の人工歯を使用するため見た目が自然です。
  • 入れ歯の場合だと、金属のバネをかける健康な歯に負担がかかります。ブリッジの場合でも、健康な隣の歯を削る必要があります。バネをかけたり歯を削ったりすると、歯の寿命は短くなり、最終的には負荷がかかった歯や削られた歯も抜けてしまいます。
    インプラントは、基本的に歯を失った部分にのみ治療をする方法ですので、周りの健康な歯に負担がかかることはありません。

ブリッジ

入れ歯

インプラント

インプラント治療の流れ

インプラント手術法

インプラントの手術法は"一回法"と"二回法"があります。

一回法(AQB)

1度の手術で1ピース(被覆部と支台部が繋がっているもの)のインプラントを埋め込みます。
手術が1回で済みますし、人工歯を被せるまでの期間が短くて済みます(約2ヶ月)。

インプラントを埋め込みます。
歯肉を貫通するキャップを装着します。

1週間程度で抜糸をします。

インプラントが骨と結合するのを待ちます。

型取りと咬み合わせをとります。

人工の歯冠を装着します。

二回法

1回目の手術で歯根部のみを埋め込みます。約2~3ヶ月後に2度目の手術を行い、歯茎が安定する約3週間後に人工歯を被せます。
顎の骨が薄い場合は、こちらの方法で行われます。

インプラントを埋め込みます。
歯肉を完全に戻して、縫合します。

1週間程度で抜糸をします。

インプラントが骨と結合するのを待ちます。

骨とインプラントが結合したら
治療用キャップを取り付けます。

インプラントに土台を連結します。

型取りと咬み合わせをとります。

人工の歯冠を装着します。

料金(税別)

Praice

種類 方法 価格
一回法(AQB) 精密検査後に人工歯根の埋め込み手術を行い、約3~4ヶ月後に歯を作成 ¥150,000
種類 方法 価格
二回法 <1次手術>
人工歯根のみを埋め込み、一度歯茎を閉じる ¥150,000
高度の骨吸収症例の場合は骨造成法(GBR法)を同時に行う ¥50,000
<2次手術>
歯茎を切開し、人工歯根に新しいふたの取り付け ¥25,000
歯肉の状態が安定した後、人工歯根に歯の芯になる部分を取り付け、人工歯の型を取る ¥50,000